可憐な妖精を見つける。

セツブンソウは、節分の頃に花を咲かせることから名づけられた日本原産の植物で、関東より西の地域に分布します。可憐さと儚さが魅力の早春植物で「春の妖精」とも呼ばれています。開花時期には、お祭りも開催されています。(南丹市日吉支所 中世木せつぶん草を守る会) 

ひよし龍の森

京都府南丹市日吉町にある「日吉ダム」とともに誕生した天若湖。上空からみると、なんとそこには巨大な龍の姿が。 この湖を中心とした【龍の森】地域には、豊かな自然や天然温泉など、癒やしの空間にあふれています。

0コメント

  • 1000 / 1000